美味しくて満足!仕出し弁当を注文しよう


home > 仕出し弁当のコラム > 仕出し弁当の特徴とメリットとは

仕出し弁当の特徴とメリットとは

 イベントや仕事の会議などで、お昼や夜のご飯を挟む時に役立つのが仕出し弁当です。本来の仕出し弁当の意味は、料理屋が客から注文を受けてから調理したお弁当を意味しています。しかし現在ではそれだけではなく、幅広い意味で使われており、宴会や法要で利用したりロケ弁でも利用されるようになりました。大人数が集まる場で利用するというイメージがありますが、家庭や職場に宅配される弁当なども仕出し弁当と呼ばれるようになっています。今の時代ならば電話やウェブサイトからも注文することができるようになっているので、簡単に注文できます。弁当の種類を選び、日時と場所の指定をしたらあとは当日指定した時間に届けてもらうだけなので、準備や片付けといった手間もかからないというメリットがあります。

 一口に仕出し弁当といっても、利用する人が増えたことから仕出し弁当を行う飲食店や業者はかなり多くなり、選択肢も増えているのは良いことです。一昔前は仕出し弁当といえば、和食の弁当というイメージがありましたが、近年では洋食や中華、中にはイタリアンやフレンチの仕出し弁当もあります。法事やビジネスの会議、商談などもてなす意味も込められている場合ならば、少し豪華な仕出し弁当を選んでおくべきといえます。職場や家庭で手軽に食べることが目的ならば、コストパフォーマンスがよく安い仕出し弁当を選ぶべきではないでしょうか。どちらの場合も、仕出し弁当は冷めても美味しく食べられるように作られているので、わざわざ温めなくてもすぐに美味しい料理を食べることができるというメリットがあります。

 注文する数や、注文先にもよりますが、仕出し弁当は何時までに注文しなくてはならないという期限があるケースが大半です。特に大量発注となれば、早い段階で予約はしておくようにしましょう。支払い方法や注文方法の違い、そして配達してもらうことができる時間帯もチェックしておくようにしましょう。深夜や早朝も含めた二十四時間配達に対応しているところもあれば、営業時間が朝から夕方までと決まっているところもあります。仕出し弁当は利用する目的に合わせて、利用する先や弁当の内容を変えていくべきと言えるのではないでしょうか。もちろん味の違いやこだわりなど、業者による違いはかなり大きくなっているので、トータルしてみたときに納得することができる内容の仕出し弁当にしておくことがポイントとなってきます。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ